2017年05月11日

JR西日本「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」向け専用バスお披露目!


「TWILIGHT EXPRESS 瑞風(みずかぜ)」運行開始に向け
a
専用バス「瑞風バス」をお披露目 〜報道公開を実施〜

A
【情報:西日本旅客鉄道株式会社】  

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●

 中国ジェイアールバス株式会社(本社:広島市)は、昨日、広島市内にて西日本旅客鉄道株式会社(本社:大阪市)が6月17日から運行を開始する新たな寝台列車「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」の旅で、お客様に立ち寄り観光等でご利用いただく専用バス「瑞風バス」が完成したことに際し、報道公開を実施いたしましたので、お知らせいたします。


d20782-10-104435-0.jpg

■「瑞穂バス」運行に際して、
  中国ジェイアール株式会社 代表取締役社長 前田昌裕

 このたび「TWILIGHT EXPRESS 瑞穂」のプロジェクトに「瑞風バス」という形で当社が携わることは、非常に光栄であり身が引き締まる思いです。この「瑞風バス」を通じて、より高品質なバスサービスを提供するとともに、「瑞風」のコンセプトや世界観を楽しんで頂けるように取り組み、安全と安心を提供していきたいと考えております。

■「瑞風バス」の車両について
 最新型の安全装置を備え、デザインは「瑞風」のデザインをてがけた浦一也氏に監修して頂いたもので、車体及び内装を「瑞風」の車両と世界観をあわせた「瑞風グリーン(深緑色)」を用い、エンブレムも同じ仕様のものを装着しております。
 車体は、中国ジェイアールバス株式会社の新造の大型バス(座席数:38席)で、「瑞風」のお客様専用となります。
また内装も「瑞風」の車両と世界観をあわせるため、同じデザインのオリジナルカーペットを採用、シートも緑色としました。加えて、乗務員の制服も「瑞風」の車内クルーと同じデザインのものを着用いたします。

■「瑞風バス」の運行について
 「瑞風」の立ち寄り観光先へのアクセスを担うために、一日目の立ち寄り観光駅から最終日の立ち寄り観光地まで運行し、「瑞風」と並走することとしています。

6月17日に城崎温泉駅でお客様をお待ちしています。





.
posted by JN01 at 11:03| 観光情報

2017年05月08日

6月3日から、没後20年 司馬遼太郎回顧展を開催!


没後20年 司馬遼太郎回顧展を開催
6月3日〜、横浜そごうで自筆原稿や初刊本などを展示
【情報 : 産経新聞社】
……………………………………………………………………………………………………………………

 産経新聞社と公益財団法人司馬遼太郎記念財団が、6月2日(金)〜7月9日(日)に横浜市のそごう横浜店6階「そごう美術館」で、回顧展「没後20年 司馬遼太郎展―21世紀“未来の街角”で」を開催する。国民的作家の自筆原稿などが展示され、司馬遼太郎の世界が紹介される。

  shibaryo001_011.jpg

『竜馬がゆく』『坂の上の雲』などの歴史小説や、『街道をゆく』『この国のかたち』などのエッセーを通して、日本とは何か、日本人とは何か、を問い続けた司馬遼太郎が亡くなって20年。回顧展は没後20年にあたる昨年から国内6カ所で巡回しており、横浜が唯一の東日本地区での開催となる。

 本展の特色は3部構成とした展示構成で、戦国時代の人々の生きざまから歴史を描く「16世紀の街角」、近代国家へと大きくうねる時代を俯瞰する「19世紀の街角」、日本のあり方を標榜した「21世紀の街角」の3部に分けて展示し、それぞれの時代を舞台にした作品の自筆原稿や挿絵、初刊本などが紹介されるという。
 特に、産経新聞記者時代に直木賞受賞作『梟の城』を執筆した文机や絶筆となった産経新聞連載エッセー「風塵抄」の自筆原稿などは必見とのこと。

 会期中の6月3日、10日、17日には司馬遼太郎記念館特別学芸員らによる特別記念講演が開催される(いずれも午後2時から)。
定員60人。参加費500円(別途入館料が必要)。
申し込み方法など詳細は、下記のそごう美術館にお問い合わせください。

※司馬遼太郎の「遼」は2点しんにょうを使っているが、
  本文では1点しんにょうを使用。

【開催概要】
会期:6月2日(金)〜7月9日(日)※会期中無休
場所:そごう横浜店6階「そごう美術館」(横浜市西区高島2-18-1)
開館時間:午前10時〜午後8時(入館は閉館の30分前まで)
入館料:大人1000円、大学・高校生800円(前売券は各200円引き)、中学生以下無料
問い合わせ先:そごう美術館 電話045-465-5515



posted by JN01 at 08:15| 観光情報